(岩手県)戸(へ)

岩手県と青森県には、「戸」(へ)のつく地名が多い。

青森県のHPによれば、

・現在の青森県東部から岩手県北部にかけてを9つの地区に分け、一戸から九戸の地名が付けられた
・「戸」(へ)は、「牧場の木戸のあった場所」とか、「蝦夷(えみし)平定の際に残した守備兵の駐屯地〔柵戸(きへ)〕」など、諸説あり。
・「○○地区」くらいの意味。

【案内板も「へ」だらけ】
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック