テーマ:沖縄の樹木

ミバエ調査中

    春の選抜に沖縄尚学が選ばれた。沖縄と甲子園と言えば、昔、首里高校が甲子園の土を持ち帰ろうとして、検疫上の問題で認められなかったことが有名だが、実は、いまでも、紅イモなどで沖縄から本土へ持ち込めないものがある。     以前、ミバエが沖縄で大発生し、いったん根絶に成功したらしい。これで、多くの果物や野菜の持ち出しがOKになったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サガリバナ

        先日、家族と一緒に行った「ビオスの丘」で、サガリバナをみた。         サガリバナは、奄美大島より南の地域の水辺に自生し、夏の夜に、白やピンクの花を咲かせ、朝には花びらを落としてしまう。残念ながら見たことはないが、明け方には落ちた花びらが水面に浮かび幻想的な光景となるらしい。実際、西表島では、早朝スタートの「サガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(沖縄県)備瀬のフクギ並木

       美ら海水族館のちょっと北に、備瀬(びせ)という町がある。ここはフクギで有名で、「備瀬のフクギ並木」としてガイドブックにも載っている。        フクギというのは、フィリピン原産の常緑樹。ここのフクギ並木は防風林、防潮林だが、夏のこの時期は、なにより日光を遮ってくれるのがありがたい。沖縄では、日蔭のありがたさを強く感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケカズラ

      道端に、鮮やかな黄色の花が咲いている。アリアケカズラという熱帯植物。       筒状の花だが、不思議なことにおしべもめしべもない。だから、結婚のお祝いにはNGだそうだ。でも、本当は花の奥のほうに隠れていて見えないだけ。        【道端に咲くアリアケカズラ】         【おしべもめしべもない?】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末吉公園

        人に勧められ末吉公園に行ってきた。那覇市内の公園なので、滑り台やシーソー、ベンチがあるフツーの公園を想像していたが、全然違っていた。         珍しい植物がたくさんあり、亜熱帯のジャングルのようだ。夏休みに家族と、東洋のガラパゴス・西表島に行こうかと計画中だが、わざわざ西表島まで行かなくても、那覇市内にもジャング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今帰仁城の桜まつり

       1月21日  世界遺産・今帰仁城での桜まつりへ。今帰仁城は、夏休みに家族がこちらに来た時に行ってから約半年振りだが、今回は、ライトアップされており夏に見たのとは趣が違っていた。        1月に桜まつり、というのは、季節感には合わないが、沖縄では1月から2月にかけてが桜のシーズン。因みに、先週は石垣島で田植えが始まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(沖縄県)さつまいも

      さつまいもは、琉球王国時代の野国総管という人が、当時の中国・明から持ち帰り、琉球で栽培が広がった。その後、琉球に来た薩摩の役人が持ち帰り、八代将軍吉宗の時代に関東に広がり、「さつまいも」と呼ばれるようになった。       だから、本当は、「さつまいも」ではなく、「琉球いも」、「沖縄いも」だ。       因みに、今度は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(沖縄県)巨大さやえんどう

    この時期、街路樹のホウオウボクに、実がぶら下がっている。これがまたでっかく、巨大なさやえんどうのようだ。でも、食べられないそうだ。     この前、南部の知念城跡に行ったとき、かわった草を見つけた。葉っぱの中に、相似形の葉っぱの模様があり、これが綺麗なピンク色で、残りの部分は普通の緑色。色々調べているが、なんの葉っぱか、わから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(沖縄県)木を喰う木

     アカギという木が、沖縄では街路樹に植えられている。      見た目は、ガジュマルやタコノキのような沖縄らしさはない。本土でもありそうな普通の木だ。      でも、近所のアカギは、添え木を喰っていた。              【添え木を喰ってるアカギ】 【添え木を喰い終わったアカギ】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(沖縄県)アダン

  沖縄で初めて見た樹木シリーズの次は、アダン。   アダンの根っこのところは、根なのか茎なのかわからないくらい入り組んでいる。それもそのはず、この前紹介したタコノキと同じ種類の植物。台風などの強風に負けないように、足元を頑丈にしている。   また、アダンの実を初めて見た時、「パイナップルって、木になるんだっけ?」と勘違いするくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(沖縄県)タコノキ

  沖縄らしい樹木として、ガジュマルとホウオウボクに続き、タコノキがある。   名前から想像できるように、木の根元から、タコの足のように多数の根っこが出ている。台風で飛ばされないように沢山の足で踏ん張っているらしい。三本の矢、ならぬ、沢山の足、といったところ。   日本で自生しているのは、沖縄周辺と小笠原諸島だけらしい。本土では見な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(沖縄県)ガジュマルとホウオウボク

他では見ないが沖縄でよく見る樹木に、ガジュマル、ホウオウボクがある。 ガジュマルは、枝からヒゲ状の根が垂れ下がっている。これが地面に達すると幹のようになる。街路樹では、見た目にはお世辞にも綺麗とは言えないヒゲが、垂れ下がっている。 ホウオウボクは、7月のこの時期には赤い花が満開だ。 このほか、時期は過ぎたが、デイゴの花が有名だそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more